21. 12月 2017 · 事業における苦労と成功 はコメントを受け付けていません。 · Categories: gloops, 梶原吉広

数々の苦労を重ねてきた経歴

苦悩
若い頃から多くの成功と業績を残した梶原吉広さんですが、簡単に青年実業家として成功をおさめていたわけではないようです。
広告代理店業務ではネット業界とはまったく関係のない事業を展開していたので、成功までの苦労もいろいろとあったのでしょう。

様々なサービスを配信してきた中で、梶原さんを成功へと導いたのはモバゲーの渋谷クエストリリースです。
わずか数日で30万人もの登録者を集めました。

渋谷クエストは、あの株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)が手掛けているケータイSNSサイト「モバゲータウン」にて始まりました。
モバゲータウンは2007年当時、会員登録数は500万人以上にもなったサイトです。その人気コンテンツの一部が梶原吉広が当時手掛けていた渋谷クエストだったのです。
現在はMobageという名前に変わりましたが、多くの面白いソーシャルゲームを提供し続けています。

突然のユーザーの大量登録によってサーバーは何度もダウンしてしまい、当時はスタッフも10名程度しかいなかったので24時間体制での手動操作が必要になってしまったというエピソードがあります。
10名で30万人ものユーザーへ対応するため、一人あたり3万人ということになります。当時の仕事のハードさは想像できません。

もともと海外でサーバーをレンタルしていたため、これをきっかけに国内へサーバーを移行し、徐々に環境を改善していったのだそうです。
ネット業界へ踏み入れ、その成功の手ごたえを実感してからは、更なる向上を目指してソーシャルゲーム事業を一本化する決心をしたそうです。

ディー・エヌ・エーという大企業が梶原吉広さんの会社を利用したのは、まさに運命的な出会いと言えたのかもしれませんね。
とはいえ、ディー・エヌ・エーもモバゲータウンで飛躍的に成長を遂げた会社、成功を梶原吉広さんと分かち合ったと言うのが正しい形かもしれません。

成功のカギは携帯・スマホにあった

PAK85_garakebb20141025171133_TP_V

梶原吉広さんはどのようにして成功を築き上げてきたのでしょうか。
現在はすっかりメディアに業界にも浸透し、非常に多くの人がソーシャルゲーム事業を手掛けるようになりました。ソーシャルゲーム界の風雲児とも呼ばれる梶原吉広さんはその先駆者でもあり、成功者でもあります。
梶原さんが最初に立ち上げた広告代理店では紙媒体の取り扱いがメインでした。ネット事業とは関係なかったのです。

携帯電話に着目した事業を開始

MixiといったSNSが流行し始めた時期、その分野に飛び込みたいという想いから広告代理店業務の成功からの資金をもとに事業をスタート。
インターネット事業を展開してすぐ“nendo”というサービスを制作。しかし上手い展開には至らず、2008年には携帯電話用SNS“REAL”を開始しました。

これもユーザーが思うように集まらずさらに試行錯誤した結果、2009年の渋谷クエストの配信とその成功へたどり着きました。
30万人ものユーザーを集めることを達成し、事業もソーシャルゲーム一本に絞って展開しました。
良い売上を誇った広告代理店事業からインターネット事業ひとつへ転換し、時代の先駆けとして事業を生み出したことが大きな成功へつながったと言えるでしょう。

それから、そうしたインターネット事業に本格的に乗り出し、様々なゲームを生み出し続けます。

渋谷クエストから僅か5か月後、「大乱闘!!ギルドバトル」をこの世に送り出しました。
モバゲーでプレイできる、皆で楽しく遊べるゲームとしてgloopsの「大乱闘!!ギルドバトル」は話題になりました。
現在はもう7周年目を迎えていますが、今もなお愛され続けている人気コンテンツのようです。
梶原吉広さんが代表を務めたgloopsは品質の高いゲームを次々と生み出していったのです。

そんな梶原吉広さんは「ビジネスを始める見極めポイントは何ですか?」と聞かれ「何があっても事業を続けていく自信があるかどうか」と答えています。また、成功か失敗という表現はなるべく使いたくないとも話していました。起業することについては断面的な結果というのはあまり意味がないと思っているからなんだとか。

梶原吉広さんのgloopsは、現在も多くのゲームを手掛けています。更なる進化も遂げており、公式ホームページのニュースでも確認できますね。
実はgloopsは、国内向けのゲームのみを提供していたわけではないのです。中国にゲームを提供し、進出しています。「奥丁戦記」というゲームを知っていますか?
このゲームはモバゲーが中国にて遊べるように運営しているゲームなのですが、このゲームを手掛けたのがgloopsというわけです。

Comments closed.